モーリー・ロバートソン

モーリー・ロバートソン


ミュージシャン+タレント。俳優。富山県高岡高校卒。東京大学に入学後、中退。ハーバード大学卒。富山県氷見市の「きときと魚大使」。日テレ「スッキリ」・関テレ「報道ランナー」ほか。現在、モーリーファンタジーとのコラボを実施中!

223609 followers  •  238 follow  •    •   http://officemorley.com

ロシア軍、司令官また解任 ウクライナ戦線劣勢の責任取らされたか(毎日新聞) #Yahoo ニュース

グレタさん原発「擁護」発言、ドイツ推進派が歓迎? SNSで話題(毎日新聞) #Yahoo ニュース ◎グレタさんは12日、ツイッターで「自分たちの方向性に合うときだけ不愉快な真実に耳を傾ける人たちに注意することが重要だ」とけん制。

戦争が終われば「ロシアから一部地域が分離する」 ウクライナ軍幹部(朝日新聞デジタル) #Yahoo ニュース 「ロシア連邦の『連邦』は、ただの名前にしか過ぎない。政権が崩壊したとたんに、すべて崩壊する」

ロシアの反戦団体、線路を破壊か ベラルーシ南部と結ぶ主要路線(朝日新聞デジタル) #Yahoo ニュース 英国防省は「小さな市民グループでさえも、物理的な破壊工作に訴えるほどに紛争に反対している。ロシアの指導部はますます懸念を抱くようになるだろう」と予測。

ロシア軍、わずか1、2日訓練しただけの召集兵を前線に送り込んでいる ⭐︎事前の知識がない方にこの話をすると、なかなか信じてもらえない雰囲気に。だけどこれこそがロシアの平常運転。

「国益のためにサハリン2を続ける」で、本当にいいんですか? #週プレ ◎国民が主体的に考えるよりも、政治や大資本からの発信に従って動くことが最も合理的で、社会がうまくいく――そんな構造はいよいよ機能不全に陥っています。

大臣辞任の山際前経済再生相 自民 新型コロナ対策本部長に就任 | NHK ★ビミョーーーに、あかん。おまいら次は70%を超える投票率で行ったほうがいいぞ。

北朝鮮、ロシアに砲弾を秘密供給 米政府発表 @afpbbcom  ☆nanda kono yarou

国連 日本政府に“入管施設内の対応改善を” 勧告 | NHK

Loading
Loading

完全に国際情勢や社会情勢からかけ離れた私事について失礼いたします。このところ縁あって高校卒業までの時期について取材を受けるインタビューが相次いでいます。おそらく日本の多様性が進む中でヒントを見つけようという取材意図があると思います。ここである問題が頻繁に起こります。

先ほど「スッキリ」をご覧いただいた皆さま、ありがとうございました。以下、ウクライナ情勢に関する一問一答を列記します>>

日本の女性はいったいどこまで耐えなきゃいけないんだ?「女子大生」こと女性の大学生は性的なオブジェ扱い。アイドルはファンのストーカーに顔をつかまれるも事務所が対応せず、逆に謝罪。男性アイドルと交際する女性たちは暴力を振るわれ、あるいは3000万円の使い込まれ…これがこの国の姿か?

これは「客観報道」してはだめ。日本政府にも民主国家として強く抗議してほしいところです。隣国の圧政、虐待を傍観するといずれ私達にも降りかかってきます>> 新疆の不妊手術「自主的」と中国 独研究者の強制批判に反論(共同通信) #Yahoo ニュース

テレビが衰弱し続ける中で手っ取り早い「いけにえ」を見つけ出そうとする傾向には業界がコンプライアンスを働かせるべきです。加えて視聴者も出演者もいじめに加わってはなりません。こんなことを言わなくてはならない状況がそもそも異常です。

「多くの嘘を言うように...」旧統一教会側、元2世信者に会見中止要求 本人涙の続行「どうかこの団体を解散させて」(J-CASTニュース) #Yahoo ニュース

私自身はいつでも一方にトランプ氏がいて、他方にカマラハリス氏や大坂なおみさんがいるのだという現実を意識せずにはいられない。「いやなら見るな」という有名な暴言がありますが、「いやなら呼ぶな」と言いたい。そして最後に。「ネットの闇」のせいじゃないからな!

「みんなで一つの方向を向く幸福モデル」から離脱することを意味するわけです。したがって「成功者が教える、次の時代に生き残る鍵となるSDGs」は自己矛盾しています。なにをもって成功とみなすかを学歴、肩書、収入といった「外から見た物差し」だけに収斂させず、自分が本当は何をしたいのか

部分的にでもウクライナの占領を認めてしまうと軍事力を持つ国家には現状を変更する権限があることになってしまい、NATOも日米安全保障も崩れてしまいます。その先には中国による台湾侵攻や尖閣侵略が待っています。東アジアにはNATOに匹敵する集団的自衛体制がないため、

◎報道、バラエティーともに瞬発的なセンセーショナリズムを追う演出が以前より目立つようになった。 ◎生煮えの企画が多く、見切り発車の頻度が増えている。情報番組ではファクトチェックが入念になされない。

Loading
Loading