産経ニュース

産経ニュース


「産経ニュース」の公式ツイッターです。 いま起きているニュースを「早く」「わかりやすく」お伝えします。 facebookはこちら https://t.co/9RMlU2WGrK

340868 followers  •  195 follow  •    •   http://t.co/7Vihg4dWEA

パトカーに追跡され車に追突し逃走 男の行方追う 奈良県王寺町でパトカーに追跡されていた乗用車が軽乗用車に追突。男2人は車を乗り捨て逃走。そのうち1人を確保し、カバンの中に包丁を所持していたため銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕。

【社内文書】 ファーウェイCEO「会社は存亡の機にある」

tweet picture

【「飲料売店少ない」と意見書】 会場は飲食物の持ち込みが禁止。観戦した来場者から「売店が少なすぎる」「混雑がひどく買うのをやめた」といった苦情が多数寄せられました。 YgI3CGEw9A #ラグビーW杯

【異例の「大事件」対応の理由】 「まるで捜査本部でも設置されたかのようだ…」 全国指名手配など、あおり運転をめぐる捜査としては異例の対応ですが、社会的反響の大きさに後押しされるように捜査当局も「大事件」としての扱いに踏み切りました。

偶然立ち寄った対馬丸記念館で父の名を見つけた。 父は対馬丸で亡くなった-。 父の死から約65年後に初めて知る事実。「ここにいるよ」と父が訴えているかのようだった。 「苦しく、無念だったでしょう」。感じたことのなかった父への思いが一気にこみ上げ、母娘で泣いた。

台湾の山中で日本統治時代に植えられたコーヒーの老木が残されていることが分かり、記念の石碑の除幕式が行われました。

日本郵便、アフラックでも二重払いなど10万4千件 日本郵便がシステム上の不備を放置していたことが原因。

楢崎智「金」で東京五輪代表 クライミング世界選手権

【世耕経産相】 ものづくり大国、平和国家を標榜する国の責任として、管理はしっかりやらないといけません。 韓国を「グループA」に戻すとすれば、信頼回復がなにより重要です。しかし、新たに問題が起きました。

tweet picture

李雪峰が「失意」と話すのは、終戦で台湾出身者は日本国籍ではなくなり、台湾に帰らねばならない、と聞かされたこと。台湾で日本人として育てられ日本のために働いた少年工たちには青天の霹靂だった。 【#李登輝秘錄】大東亞戰爭和台灣(6)「在兩個祖國生活過的人」上了同艘船

tweet picture

Loading
Loading

JT、「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」銘柄廃止へ C8MBTCAxeN 明治から昭和40年代に掛けて登場した「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」の3銘柄を10月以降、在庫分の販売をもって廃止。

プーチン氏、クリミア半島をバイクで疾走 サイドカーにロシアが一方的に創設した「クリミア共和国」の首長を乗せ、実効支配を誇示。

tweet picture

「あのペンギン画像」の元ネタ写真が産経新聞カメラマン撮影だったことを若輩者のtwitter担当はこのたび初めて知りました。 2011年に南極の昭和基地近くで撮影されました。 きっかけをくれてありがとう #世界ペンギンの日。 #世界ペンギンデー #PenguinDay 

tweet picture

人間が「第六感」能力を持っていることを発見したと東京大などのチームが米専門誌に発表しました。 「磁覚」は渡り鳥のほかサケやミツバチなど多くの動物が持っており、人間も以前は持っていましたが退化したとみられています。

「正直くさい。トイレみたいな臭い」 「泳ぎながら熱中症になるんじゃないかという不安が拭えなかった」 五輪会場となるお台場海浜公園で行なわれたオープンウオーターの五輪テスト大会で、参加選手からは水温や水質に対する不満の声が聞かれました。

【妻子亡くした男性が署名活動】 池袋暴走事故で妻子を亡くした男性が現場近くの公園で、飯塚幸三元院長に厳しい刑事処分を求めて署名活動をしました。

【天皇陛下の譲位】新元号は平成31年元日から 皇室会議を経て閣議決定へ 法案提出は今年5月連休明け

40代小学教諭「クイズ正解でベロチュー」 女児休みがちに クイズで1問正解するごとに「握手」「高い高い」「なでなで」「ハグ」「ベロベロチュー」から一つを選べると発言。女児がショックを受けて学校を休みがちになった。

【動画あり】池袋暴走事故 妻子失った男性が署名開始 「大切な命があった」 「加害者が厳罰にならなければこんな不公平なことはないと思う。しかるべき処罰を受けることも再発防止につながると思う」 妻子失った男性が厳罰を求める署名活動を始めました。

京都アニメーションの代理人弁護士は約2億7432万円の支援金に謝意を示すとともに「障害を負った方の今後の生活も考えたら、少なくとも数十億円規模の財団を形成しないと被害回復は図れない」とさらなる寄付を呼びかけました。

Loading
Loading