WIRED.jp

WIRED.jp


『WIRED』日本版は、私たちが生きる世界を、テクノロジーから切り取るメディアです。生活や社会、カルチャーなど複雑化していく「未来」は、今後どうなっていくのか?その手がかりとなる最新記事やアーカイヴ記事などを発信しています。

462019 followers  •  13 follow  •    •   http://t.co/b5qdzMyHAn

17世紀「黒死病の村」をデータ分析してわかった「意外な感染経路」(アーカイヴ記事)

人工知能がある未来って、どんな世界? この8冊のマンガが、教えてくれます。(アーカイヴ記事)

1滴のアメリカンウイスキーを蒸発させると、まるでクモの巣のような模様が残る。これが銘柄によって異なることを、米大学などの研究チームが突き止めた。

2050年に人類史上で初めて、世界人口が減少に転じる時代がやってくる。そして二度と増えることはない。

「ジョブズとアイヴは、最も重要なのは顧客の要望で、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の学芸員の賞賛を得ても仕方ないという点で意見が一致していた」(アーカイヴ記事)

「飛行機で病気に感染したくなければ、「通路側の席」は避けるべし」(アーカイヴ記事)

人間がつくった「人工物」の総量は、こうして地球上の生物量を上回った #最新記事

米証券取引所のナスダックが、上場する企業に対して取締役に女性や黒人などのマイノリティーを起用するよう義務づける方針を明らかにした。

さまざまな生物が集団感染を防ぐために社会的な距離を保つことが明らかになっている。

米テキサス州では、死刑囚が刑執行の日に「本人が望むメニュー」で「最後の食事」を出すことを伝統としてきた。死刑囚「最後の食事」を再現した写真ギャラリーを紹介。(アーカイヴ記事)

Loading
Loading

/ WIRED Vol. 34発売記念✨ フォロー&RTキャンペーン \ 良質なサウンドで曲を楽しめる。世界最大音量を誇る小型ポータブルFMラジオ+Bluetoothスピーカー「GENEVA TOURING S+」が当たる 応募方法 ① @wired_jp  をフォロー ②このツイートをRT ▼詳細 #2020 年代の実装論

星は「歌う」ことが判明。恒星のプラズマのなかで、音の放出に非常によく似た物理的メカニズムが生じることを英ヨーク大学の研究者チームが発見した。

「死」は青い光を放つことが判明と、研究結果を発表。

/ ?WIRED Vol.33発売記念? \ ヘッドバンド裏面とイヤーパッドにラムスキンを採用した「MASTER & DYNAMIC MW50+」Bluetoothヘッドホンが1名様に当たる? 応募方法は ① @wired_jp  をフォロー ②このツイートをRT ▼詳細はこちら #デジタルツインへようこそ

大英博物館は、地下1階から地上5階までのストリートビューを提供した。収蔵品4,500点以上をヴァーチャルに鑑賞することができる。

星は「歌う」ことが判明。恒星のプラズマのなかで、音の放出に非常によく似た物理的メカニズムが生じることを英ヨーク大学の研究者チームが発見した。(アーカイヴ記事)

/ フォロー&リツイートキャンペーン ✨ #WIRED とGalaxyがコラボ ✨ \ WIREDオリジナルグッズやGalaxy Watchが入った限定バックを3名様にプレゼント? 応募方法は ① をフォロー ②このツイートをRT 〆切は2月15日23:59まで! ▼詳細はこちら

ホンダの芝刈り機が、平均時速187.6kmという世界最高速度を達成した。

tweet picture

HIVウイルス、抑制ではなく「根絶」に成功:英研究|

Loading
Loading