Maasでつなぐ前に地方のモビリティが立ち枯れていく。

コロナ自粛で人口減少問題が地方の交通機関にどのような事態をもたらすかの実証実験をしているに等しい。 MaaSでつなぐ前に地方のモビリティが立ち枯れていく。 情報も分断、交通も分断では、地方の地方から壊死していく。対策は急務。 「地方公共交通、サービス維持は限界」

Further articles on the same subject

Maasでつなぐ前に地方のモビリティが立ち枯れていく。

Logo alert
Add to feed Create your own feed

Loading
Loading

News

【要請応じずに営業 売上高9割増】 今年1月の2度目の緊急事態宣言以降、休業や時短の「要請」には応じずに営業を続けてきたグローバルダイニングが2021年1~6月期決算を30日発表した。売上高が前年同期比92.3%増の47億円、純利益が5億円の黒字だった。

日本企業所有のタンカー “オマーン沖で攻撃受け 2人死亡” #nhk_news 

【対策限界 都市封鎖を求める声も】 政府が緊急事態宣言の発令対象を6都府県に拡大した。対策の行き詰まりが明らかになる中、個々人の行動制限に強制力を持たせるロックダウン(都市封鎖)など、法改正の必要性を訴える意見も強まっている。

阪神百貨店梅田本店、集団感染で休業 31日から2日間

【RT100UP】 がんばれお母さん!8匹の子猫に平等にお乳を与える母猫の授乳スタイル

tweet picture

【海外の日系百貨店、存続の危機】 三越や東急百貨店など、日本の老舗デパートの海外店舗が、相次いで閉店に追い込まれている。ショッピングモールや量販店との競合などで客足が減っていたところに、新型コロナが追い打ちをかけた。世界に残る29店舗も、存続の危機が続く。

【独コーチ、差別発言で帰国処分】 東京五輪の自転車ロードレース男子個人タイムトライアルで、ドイツ代表チームのスポーツディレクターがアフリカの選手に関して人種差別的な言葉を吐き、帰国を命じられた。独代表チームが29日、明らかにした。

【カザフの「お姫さま」予選落ち】 女子三段跳びで4大会連続メダルを狙ったカザフスタンのオリガ・ルイパコワが、予選落ちした。開会式でカザフスタン選手団の女性旗手を務め、衣装、流れていたゲーム音楽から「ゲームの世界のお姫様みたい」などとSNSで話題になった。

三井化学、出社月4回でOK 柔軟な働き方を恒久制度に

空き30万病床、コロナ向け転用進まず 役割分担が不十分

Loading
Loading