日本経済新聞 電子版

「契約済みの魚粉が4割しか届かなくなった」。ブリやウナギなど養殖魚のエサに使う魚粉の最大生産国ペルーが突如禁漁し、供給不足の懸念が浮上。相場も2年ぶりの高値です。

Further articles on the same subject

Logo alert
Add to feed Create your own feed

Loading
Loading

Finance

中国人の入国拒否ではなく、1ヶ月以内の中国滞在者の入国拒否 これは差別でも何でもない。人種や民族を差別するわけでなく、ハイリスク母体の排除です。そうしないと国内在留中国人へのいわれなき差別をよんでしまう。

台湾のマスク供給 国として供給する体制を整備、増産体制を国が行い、国が公定価格を決めて供給、国外持ち出しは5枚まで それ以上は罰則対応

台湾防疫 ホテル等人の集まる場所では、入り口でアルコール消毒、ホテルのお掃除の方もまずはアルコールでドアノブ消毒 アルコール消毒液とスプレーを各所に完全配備する必要がある。国として対処すべき

今必要なのは、消毒用アルコールの供給と配布 国として、供給と共有施設や公共施設での入り口での防疫を強化すべき 供給配布について、法的対処をすべきです。SARSの経験から台湾ではすでに行っている。ホテル入り口のアルコール消毒器

tweet picture

病院待合室へのプラズマクラスターの配備 鳥インフルエンザの際に一時話題になりましたが、下火になり配備がされませんでした。再度、補助金対応を含めた対応が有効、プラズマクラスターはウイルスを破壊する。

アルコール消毒シート 日本には不織布メーカーが多数存在する。備蓄対応を含めて、安定購入するのであれば、マスク同様に設備投資と増産対応が可能、国が支援すべき

先日、台湾のSARS対応をした総督府官房長官 当時 と面談し、知見を伺いました。今回台湾は、当時の経験を活かして防疫をしています。日本も学ぶべきでしょう。

電車やタクシーなど、公共交通機関へのプラズマクラスターの配備は有効、特に密室化するタクシーには必要でしょう。

アルコール消毒液に関しては、使い捨てのビニールパッケージを利用できる。吹き付けるスプレー瓶も他の目的のものを流用できる。商品として流通させるのにはラベル等の問題があるが、臨時処置で対処すべき

Loading
Loading