茂木健一郎

茂木健一郎


脳科学者、作家、ブロードキャスター。クオリアを研究。『脳とクオリア』『生きて死ぬ私』『脳と仮想』『今、ここからすべての場所へ』『東京藝大物語』『ペンチメント』kenmogi2005qualia@gmail.com 研究 https://t.co/xJxmj9pFUF

1476659 followers  •  5621 follow  •    •   http://t.co/kGNugKwDBj

#TOKYOFM ドリームハート 本日5/30(土)も #世界一集中できる場所 というコンセプトのソロワークスペース #ThinkLab  @Think_Lab_ )を手がけられた(株)ジン ズの井上一鷹さん @kazutaka_inou )をお迎えし、集中力を予約するという、井上さん独自の仕事術に注目します。 #radiko 

全国各地のラジオ番組が聞けるアプリ #JFNPARK  で #茂木健一郎 の #ポジティブ脳教室 を配信中!明日 5/30(土)は「『夢』が無いことが悩み」というご相談にお答えします。5月も会員登録ナシでお聴き頂けます!また、みなさんからのお悩みメッセージも募集中です #StayHome 

礼に始まって礼に終わる。ラジオ体操の歌。 - 茂木健一郎 #Voicy 

くまのプーさんに似た最高指導者の本音! #もぎけんのデイリーショー #出羽野崎守之助 神出鬼没の世直し高校生、出羽野崎守之助、ついに、あの、くまのプーさんに似た最高指導者を直撃します!

麻雀やりたいおじさんの真実 #もぎけんのデイリーショー #もぎけん人間印象 ぼくはねえ、東大法学部を出て、役所に入り、真面目に仕事をしてきたんですよ。それでねえ、麻雀が好きなんですよ。人間としてバランスをとるためなんですかねえ。

国が決め、地方が従うという構造自体に問題が。もっと自治や自律を認めていいし、給付金だって自治体がイニシアティヴをとっていい。 10万円給付 国と自治体に溝 1人10万円の特別定額給付金をめぐり、事務手続きに追われる自治体から国への不満が噴出。

ヨナコンプレックスを脱しよう。 #もぎけんの情熱脳教室 自分の能力を発揮して成功してしまうことを恐れて避ける、ヨナコンプレックス(Jonah complex)から自由になりましょう!

クオリアに満ちた意識の起源を解き明かすために脳科学その他の手法を用いて研究しています。自分を含む人間それぞれの個性と自由、創造性を発揮するための思考、探究、行動、対話に関心があります。真、善、美がたとえ幻であるとしても物質的宇宙の中でそれを追い求めるのが人間という存在なのでしょう

2015年9月3日からの固定ツイートを、変更しました。 これまでの固定ツイートは、添付の画像です(元ツイートも残っています)。 新しい固定ツイートは、プロフィールで参照ください。

tweet picture

本当に大切な視点で、番組をいちばん深く愛しているひとたちはツイートしないことも多い。インサイトをいかに想像して、深堀りできるか。SNSだけを見ていると表層的なポピュリズムになってしまう。 テレビとSNS、共存関係どう築くか…SNSうのみにせず一歩引いた目線大事

Loading
Loading

参議院選の投票率が、ここまで低い事象を引き起こしている責任のかなりの部分を負っているのは、「電波」という「公共財」を独占して使わせてもらいながら、「選挙期間中」にまともな政策論争、比較、分析の番組をつくらない日本のテレビ。投票率低いですねなどと、他人事みたいに報じないで欲しい。

投票を締め切った瞬間に、各局、こことぞばかりに選挙特番を組んで、各候補者の演説の様子などを放送している。なぜこれを選挙期間中にできないのかと、どっちらけた気持ち。選挙結果は、開票を待てばどうせ数時間後にわかる。当確を打つ速さを競う以外にメディアとしてやるべきことあるでしょう。

自粛警察がトレンド入りしているけれども、とても良くない。 それぞれの人が自分の良識と判断で行動することを前提にしないと、住みづらい不自由な世の中になってしまう。 営業中の店や他県ナンバーの車に紙を張ったりするために歩き回ること自体が変。 自粛警察なのに、自分たちが自粛していない。

もう、文科省には、お願いだから、日本の教育から手を引いてもらえないだろうか。この状況で、邪魔な存在でしかない。 「対面指導」崩さぬ文科省 オンライン授業に壁

このハッシュタグ、ここまで広がると、ただではすまないですね。 黒川さんを検事総長の地位につけることに、なぜこだわる必要があるのか、それによって得るものよりも、失うものがもはや大きい気がします。 そもそも人間を道具として見る世界観が真っ当じゃない。 #検察庁法改正法案に抗議します

コロナウイルス対策の失敗には、ここ数年の日本のダメさのさまざまが詰まってしまっていると思う。上に立つ者が知識がなくて、判断が駄目なのはまあ当然予想されることだけれども、感染症対策の専門家の意見を尊重したり、現場の機動的知恵などを活かすことができれば、こんなことにはならなかった。

日本のテレビって、何やってるの? 投票終わってから選挙特番組んで、膨大なリソース注いで、どんな意味があるの、みたいなことを夜の街を歩きながら訴えかける動画。笑。

検査にせよ、仮の病床にせよ、なぜ日本は諸外国のようにとっとと迅速に対応できないのか。COVID-19への対応で露見しつつある、日本という国家の中枢の形式主義、例外処理ができないメンタリティ、くどくどとあれこれ言い訳、正当化をする文化は、このパンデミックが過ぎ去った後も問題であり続ける。

Loading
Loading