TrinityNYC

TrinityNYC


昔金融街でバンクアナリスト、今わんこの世話係。在米35年ですが年齢聞かれたら26歳と答えています。ツイートは主にわんこ・食べ物・米国事情・金融関係・知ったかぶりの5種です。

53652 followers  •  8168 follow  •    •   http://t.co/tJgBm7snfq

アメリカの薬局の場合、患者の薬情報のデジタル化が進んでる。そのひとのファミリードクターや専門医、歯科医もみな紐づけになってるんで、処方薬情報はオンライン化されてる。私がワクチン受けたときは、ワクチンを受けたという事実が、かかりつけドクターに薬局から直接行くようにできてた。

ドクターに直接デジタルで情報が行くのが何故良いかというと、あの雑な手書きの接種カードを紛失しても、かかりつけの医師の記録に残ってるから、接種済みの証明書を必要とあらば出してもらえるでしょ。 ドラッグストアチェーンのほか、スーパーやウォルマートも接種場所になってましたからね。

ここは田舎でNYシティやロサンゼルスのような大規模接種会場なんてのは無くて、州が用意した公式のセンターのほか、そういうリテール薬局の窓口が予約受付から実際の接種のラストワンマイル拠点だった。そうやって小規模にチマチマ毎日やってたわけだが、うちの州が全米で最も接種率高いんだよね。

日本だって、人口でいえば、アメリカの3分の1もヒトがいるわけで、人口密度も概して高い自治体が多いのだから、全国一律で予約システムを一箇所に集中させたら、パンクしてアクセス困難になるのは素人の私でもなんとなく想像つく。予約の窓口を増やさないと。

アメリカの場合は、個人経営の薬局という形態は、20年ぐらい前にほぼ淘汰され、現在では、全米チェーンの恰好をとる大手ドラッグストアに相当集約されてしまってますよね。「街角のくすり屋さん」はいなくなったけど、その代わり、医師と患者の間に入って情報デジタル化を進めたという利点はあったな。

日本全国に散らばる「街角のおくすり屋さん」は、他の個人経営事業主にありがちの問題、すなわち、後継者問題に直面しており、娘息子がいても医師になったりして、おくすり屋さん商売の跡継ぎがいなくて店主高齢化で店を畳むケースが膨大にある、と以前、教えてもらいましたよ。

薬局のデジタル化がすすんで、それが全国規模でネットワークを構築し、とっくに巨大なデータベースとして機能しており、ワクチン接種情報がそこに加わっても追加コストは低くてすむ、という前段階があったことが、アメリカはリテールフロント駆使した接種が可能になった理由かもしれない。

@konarits  米国CDCが中央管轄ですが、末端の予約までCDCが管理してたら、アメリカでもモタモタして、接種はここまで早く広く進まなかったと思います。 ロジには大手運送含めロジ専門、実際の接種はリテールネットワークから軍まで使えるものは全て駆使、チェーンの川上から川下まで一斉ローラー作戦の2か月。

「トイレ借りる」とおなじぐらいの気軽さで「ちょっとそこまで来たんで、ついでにワクチン打ってもらえまっか?」みたいなUSAw 確かにwww

Loading
Loading

アメリカでも、大型ハリケーン来るっていってんのに、ペットを外に置いたままにしたり、繋いだまま避難したりする家庭が後を経たず、水害地域で毎度多くのワンニャンが保護されます。 日本の皆さま、お願いです、どうかワンニャンを家の中に入れてあげてください。ワンニャンは家族だよ。

tweet picture

いまからプロになれるわけでもないのにチェロなんか習ってどうするのと言い出すママ友とか、 文系なんか大学で勉強して何になるのと言い出す大学関係者とか、 ベストセラーにならない本を売ってどうするのと言い出す編集者とか、 全員『精神の貧困』という意味で同じグループに属してると思う。

ロンドンで、13歳の少年が同級生の悪ふざけでシャツの中にチーズを入れられ、背中の皮膚からアレルギー反応を起こし発熱と呼吸困難に陥り死亡。少年は、小麦、乳製品など幾種もの食べ物に激しいアレルギー持ちで、それを知りつつチーズを入れた同級生は殺人未遂で逮捕。

「教育のため」と称して、素手でこどもにトイレ磨かせるとか、破傷風予防もしないで泥水の中に子供漬けるとか、骨折しても組体操させるとか、自分らで作り上げた古臭い美談ごっこで涙ツツーやりたいジジババが教育界に多すぎ。美談ごっこに子供を利用するの、やめなさいよね、ほんとに。

いい記事。明るい。 『毎日1分間片足立ちをするだけで、53分間ウォーキングしたのと同じ効果がありますし、トイレに行くたびに5回ずつスクワットをする習慣を身につければ、いくつになっても自分の足で歩ける筋力を維持することが可能です。』←やろう。

5歳のこどもさんのバースデーパーティに、友人が作った「バナナのイルカさん」。簡単に作れて、すごくカワイイ!こどもたち、よろこびそう、グッドアイディア!

tweet picture

いま、フロリダ知事が「日本をみろ!」と言い出したので、なに言い出すかと思ったら、 「フロリダはテスト足りてないと言われてるけど、これからもっともっとテストするし、先進国だってぜんぜんやってない国があるだろ、日本なんて全然やってないぞ、あれと比べたらフロリダすげー」と言ってた🤣🤣

これ、日本でも、中国からの輸入品など、店頭で買える商品かもしれないので、拡散してください。アメリカでこれを食べた犬が病気になったり死んだりしてます。見た目は本物の骨ですが、明らかに腐りかけた材料を使い、有毒な防腐剤や添加物が加えられたりしたワンコ用のオヤツ骨です。気をつけて!

妊娠・中絶・生理・性被害・・・女性の身体に関わるいろんなことについて、ジジイばかりで決定するの、やめろや、ジャパン。

これすごい・・・アルタイ山脈の氷の中に、2300年も閉ざされてたという、女性もののブーツ。スキタイの女性が履いていたものだそう。ビーズで緻密な装飾が施されている。2300年前にそこにいたひと・・・なんて、なんて美しい(感動)。

Loading
Loading