【研究成果】深海底のメタンを消費する始原的な生命の代謝機構を発見 ~炭素12の同位体濃縮効果による地球上で最も軽いアミノ酸の形成~
分子レベル同位体比質量分析や放射性炭素同位体の細胞レベル加速器質量分析といった精密な化学分析を行いました。
https://t.co/am6mJhOx7M #JAMSTEC
連載第8回。「風邪をひかなくする方法って、ほとんどないんです」と岩田先生。むしろ、ひいてしまった人が「咳エチケット」などで注意するほうが効果は高いそうです。(担当田中) https://t.co/DR8UDXt7zx #ほぼ日
人工知能開発は「儲けないと意味がない」 東大・松尾豊さんが見た“絶望と希望” (1/4) - ITmedia NEWS https://t.co/6mMPfJ7In4

僕たちは企業に対して大きなリスペクトがあります。そして、最先端のAI技術がその役に立てるはずだと思っている。
南米のジャングルで夜の闇に紛れて野鳥の涙を吸う蛾が見つかる。塩分などを摂取している模様。それにしても鳥目でよく見えていないのか、寝ぼけているのか、蛾に好き勝手されてしまっているようにしか見えない…

Watch a moth drink tears from a bird’s eye https://t.co/LMPzPk7fmI
わ〜 懐かしい @h_okumura: 「文字はMSゴシック」「ポンチ絵」(お役所に提出する書類) https://t.co/uqLPiV8iA4
火山噴火の避難施設、周辺市町村の8割指定ゼロ : 読売新聞
https://t.co/mmgIJ2ycU7
ショック!iPhoneXsは180センチから落下でバキバキになってしまうと判明! - 秒刊SUNDAY https://t.co/UGZG7ERkOQ 2018-09-25 10:04:49
もしもある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、かつもしもそれらのデータを解析できるだけの能力の「知性」が存在するとすれば、この「知性」にとっては、不確実なことは何もなくなり、その目には未来も全て見えているであろう。―――その知性を後に人はラプラスの魔と呼んだ。
はやぶさ2のローバ、リュウグウ着地に成功 ホップで移動・撮影 「世界初の快挙」 - ITmedia https://t.co/QBGM3Jy1M5 2018-09-25 09:14:00
「はやぶさ2」について取り上げたNYタイムズの記事。というより写真だらけの特集。JAXAなどの提供写真をただ並べただけなのに、すごくかっこいい。

Hayabusa2 Lands Two Rovers on Asteroid Ryugu https://t.co/ZtplrBxKSC
空をご覧ください。
東に中秋の名月が昇りました。
写真は今望遠鏡を使って撮影したものです。
中秋の名月の前を飛行機が横切っていきました。(東京にて撮影)
アティヤ先生は、たった5ページのリーマン予想の証明の論文を既にpdfで公開してるようだ。
https://t.co/BNAphTtoGp
(NHK)福島沖の漁業資源大幅増 https://t.co/Lj4P5vxXko

「震災前に比べてヒラメがおよそ8倍、ナメタガレイがおよそ7倍」
「放射性物質の検査で国の基準を超えたものは平成27年4月以降出ていない」

福島県水産資源研究所:持続的に漁獲できる取り方を提案していきたい
住宅用太陽光発電の誤算、「10年で投資回収」は大ウソだった | Close-Up Enterprise | ダイヤモンド・オンライン https://t.co/u5hUhIxHSX
.@CookDrake さんの「モバイルSuica、アプデでパスワード20桁まで対応→内部は旧システム8桁のまま→ログイン不可大量発生中!」https://t.co/7QqIO9Glbo をお気に入りにしました。
アティヤ先生が最近ちょっとという話は別な方からも聞いていて、だんだん夢と現実の境目がなくなっていくんですよね、といういい話で締めくくったのだが、会議でしゃべらしてしまうというのは別の問題。
傾斜35度超「出世の石段」、みこしが上り下り : 読売新聞
https://t.co/UMUNKMndPQ

「同神社は愛宕山の上にある。江戸時代に丸亀藩(香川県)の武士が馬で駆け上がって境内の梅の枝を徳川家光に献上し」

(もう,新聞では,曲垣平九郎 と書かなくなったんだね.通じなくなったと言うことか)
このダイナミックな写真は、2018年9月22日、11:44(日本時間)頃にRover-1Aが撮影したものです。リュウグウ表面において移動中(ホップ中)に撮影されました。左側半分がリュウグウの表面で、右側の白い部分は太陽光によるものです。
(はやぶさ2プロジェクト)
空をご覧ください。
満月に次いで美しいといわれる十三夜の月が輝いています。
(先ほど東京にて撮影)
明後日9/24は十五夜、中秋の名月です。
お待たせしました。MINERVA-II1の情報です。
MINERVA-Ⅱ1は1Aと1Bの2機からなっていますが、2機とも小惑星リュウグウ表面に着地したことを確認しました。両方とも状態は正常で、撮影した写真や各種のデータを送ってきています。リュウグウ表面を移動していることも確認できました。
太陽フレア望遠鏡で観測をしていると、まれに何かが太陽の前を通り過ぎていく写真が撮れます。これまでに撮影されたものの中から、ベストショットと思う1枚を紹介します。2015年2月28日に撮影された旅客機の太陽面通過です。
#空の日
【MINERVA-Ⅱ1】9月21日 13:35JST:MINERVA-II-1を分離したことを確認しました。探査機の状態は正常です。
【ほしぞら情報】9月24日は「中秋の名月」です。中秋の名月は太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを指します。今年は9月24日が中秋の名月、翌日の9月25日が満月と、中秋の名月と満月の日付が1日ずれています https://t.co/CIdmYquuzA #国立天文台
【MINERVA-Ⅱ1】9月21日 15:30JST:MINERVA-II-1との通信を確認しました。
MINERVA-II-1放出後の探査機の上昇を確認しています。現在の高度は約2.5km。探査機の状態は正常です。
探査機の最接近高度は約55m、分離時刻は探査機時刻で13:05でした。
【MINERVA-Ⅱ1】9月22日 15:00JST:探査機が計画どおりにホームポジション(高度約20km)へ復帰したことを確認しました。探査機の状態は正常です。これで、MINERVA-Ⅱ1分離のための運用は終了となります。皆さまからの応援、本当にどうもありがとうございました。
プロジェクトwebの記事も更新しました。
ミネルバⅡ1、写真撮影・リュウグウ着地・ホップによる移動に成功!:プロジェクトメンバーからのコメントも掲載しています。
https://t.co/G3vmdnkirq
Total(1) => 0.033256053924561 f_f_QM(3) => 0.011614084243774 f_f_pTL(3) => 0.011139869689941 f_f_dT(30) => 0.010640144348145