答弁能力のない下っ端役人を怒鳴るより、国会で大臣と議論すべきでしょう→野党合同ヒアリングは官僚イジメ、まるで中国・文革期にあった紅衛兵のつるし上げ ジャーナリスト・安積氏指摘 https://t.co/2JbPgvhytB @zakdeskさんから
鹿児島県姶良市で、初挑戦で、トップ当選をした素敵な有川ひろみさんです。みずほ塾第1期生でもあります。どうかガッツで、頑張ってください!
【告知】今夜4月26日(木)「特集『世界の #性教育』〜 #セクハラ問題 が噴出するなか、日本の性教育はどうあるべきか海外との比較から考える」田代美江子×橋本紀子×荻上チキ(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~) https://t.co/LallI8RHsf #ss954 #radiko

「大学生を見たことがなかった
私の育った釧路市のような田舎に住む子供の多くは、おかしな話に聞こえるかもしれないが、まず「大学」というものを教育機関として認識することからして難しい。

 言い換えれば、大学を「高校の次に進む学校」として捉える機会がないのだ。」
林大臣を叩きたい、が先行したのは明らか。これがただの謝罪で済むなら、どんな捏造も謝れば済む。信用ゼロ。少なくとも私の中ではリテラは報道機関ではなく、偏向した言論機関であることが証明された。

→ヨガ店を「性風俗店」と記載 リテラが林文科相めぐる誤報を謝罪
https://t.co/BYrXe96NZC
豊洲市場「千客万来施設」の運営会社・万葉倶楽部が、小池知事に謝罪要求。撤退も明言せず、東京都と責任のなすり合い。小池知事の公約「築地は守る・豊洲を活かす」の基本方針は迷走を続けており、江東区長も言う「開場延期」もあり得る展開だ。延期して構想の抜本的見直しを行うことが、合理的だ。
【ご寄付・カンパのお願い】IWJの取材活動は、みなさまのご支援に支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支えください。
会員登録⇒ https://t.co/iUq5JzPV8s ご寄付・カンパはこちら⇒ https://t.co/KndLFSlCRb
⑵我が国はカリフォルニアと同じくらいの面積。
そこで限界集落があったりという事自体が「おかしい」。教育の機会均等が崩れているのは政治の責任。若者にとって中央に行けば行くほどチャンスが多く離れれば離れるほど疎外されるというのではいけない。翻って自分が学生時代、感じたことは…。https://t.co/QTPw4aeJVo
【特集・憲法改正】衆院選での自民党圧勝により、いよいよ現実味を帯びてきた憲法改正。自民党憲法改正草案に関する鼎談や、解釈改憲による集団的自衛権行使容認問題を特集ページに集約しました!https://t.co/xww8ka2Jhf #改憲 #集団的自衛権
今晩の「#直滑降ストリーム」は、いつもより30分早い20時30分に終了。ユーザーは20時30分から急増する傾向。予想どおり、通常よりライブ視聴者の数は減少。それでも来場者は約7千人。番組直後のアンケートは「とても良かった」「良かった」合わせて92.6%!高市さん、ありがとう!
維新を除く野党不在のまま、静かな環境のなかで生活困窮者支援法を引き続き審議し、本日、採決いたしました。

4月18日から出て来られてませんので、今年は19連休ですね。
これみりゃ一目瞭然ですが、民主党政権のとき、自民党はたいした理由もないのに審議をサボタージュしまくっていました。いま野党が理由ある審議拒否をするのに文句を言う筋合いはないのよ。
林芳正文科相の“風俗通い”報道の記事についてお詫びし削除します。 https://t.co/tBdB8iubZw
安倍総理が花見とか派閥の会合に出没し、盛んに「膿を出し切りたい」と、まだそんな寝言を言っている。こうなると、もはや「認識能力」の問題。総理夫妻のために虚偽答弁や偽装工作までしてきた部下達を今度は膿呼ばわり。当事者達は「膿」とまで呼ばれて、一体どんな心境だろう。総理もう十分である。
改ざん、隠ぺい、ねつ造、虚偽まがいの答弁。こんな状態で国会審議ができるはずがない。政府与党は、この状況をどう打開するのか、言葉だけではない具体的な取り組みをする必要がある。それをせず形式的に委員会を開催しても真の審議にはならない。結局は、実質の審議を拒否しているのは政府与党だ。
「悪意がなくても相手を不快にさせてしまう言動は社会にあふれている…僕が通う男子校ではおふざけとして許される言動も、女子には目に余るかもしれない…日本社会のあしき慣習に染まる前に、ハラスメント防止教育を受けることが今の時代には必要だ」…朝日「声」欄から13歳の正論。そのまま育ってね。
水深60mまで素潜りし10分以上も滞在できるパジャウの人々。脾臓が大きくなるDNA変異があり、遺伝的に水中での活動に適した体になっていることを初めて確認。すごい。/漂海民バジャウ、驚異の潜水能力を「進化」で獲得 https://t.co/kbyUhWa7Hp
明日発売日の『WiLL6月号』。今回号から私の連載が始まっていますが、先程届き、いち早く読みました。
また、東京新聞・望月衣塑子記者と共産党についての記事は、よく調査されたなあと感じました。
青山学院大学教授の中野昌宏氏であったり法政大学教授の中沢けい氏であったり、大学の教員たる人物が論評を超え誹謗中傷をするのはいかがなものかと思うが社会常識が通じないのだろうか。良識ある方々ぜひこうした人物のツイッターを見てみてください。中野氏は気にくわない人をブロックするようですが
あの大震災のとき、自民党は足を引っ張っばるために足を引っ張っていたじゃないですか。あのとき、枝野らが必死に政府を支え、共産党や社民党のひとたちはボランティアやデモを支え、その時に貴様ら自民党は、安倍は何やってたんだよ。
ついに支離滅裂なリテラが、保守系の攻撃に羽生結弦選手の名を利用した。自サイトの認知拡大を狙ってか。許されない行為。羽生選手の国への思いやこれまでの活動を全く取材してないのだろう。リテラは嘘を垂れ流してきており、取材する能力すら無いと思うが、あり得ない行為だhttps://t.co/l96rCbiojx
東京新聞が自社の女性記者のセクハラの被害体験を調査。座談会で、なぜこれまで胸に秘めていたのか、など本音が語られている。テレ朝女性記者への批判については、「録音しなければ『証拠がない』、録音すれば『ルール違反だ』。では、どうしろと?」「彼女を1人にさせたくない。味方だと伝えたい」と
羽生結弦選手のパレードを10万8千人が迎えた。改めておめでとうございます!前回、有志で配布した国旗の手旗も2万本が配られ、手旗を振って羽生選手にエールを送った。左派系サイトの「リテラ」はこうした光景を「グロテスク」と書いたが、国民感情から解離しすぎだろう。
https://t.co/yvJ1KusUP5
【小西洋之議員罵倒の自衛官供述全文 「国のために働け」「ばかなのか」 “国民の敵”発言は否定】
防衛省の調査は、実際の場所で、代役を立て、実況見分もしている。自衛官は「国民の敵」発言は明確に否定。また、警察官の前で握手をして和解もしている。更に調査は継続する
https://t.co/oC2SYWKFQl
野党が国会審議を止めていると思っている方が多い。政府と与党が関係者の証人喚問と、予算員会の集中審議の確実な開催を認めれば、予算の野党筆頭理事としては、今すぐにでも審議したい気持ちだ。事実上、審議拒否をしているのは、様々な問題の真実を明らかにしたくない政府と与党だ。
ドイツ軍はナチスの教訓から、「議会の軍隊」と言われるほど議会によるシビリアンコントロールと情報公開を重視している。防衛監察を行う機関も日本のように防衛省内に置くのではなく、議会に設置し強い権限を与えている。(20150905報道ステーション)
産経新聞は、報道されるべき事実を記してくれています。

立憲民主党などが欠席したまま質疑が行われた衆院厚労委では、同党など6会派が共同提出した生活保護法改正案の審議も行われた。自ら出した法案の議論の機会をも放棄する姿勢は政治家としての自殺行為に等しい。

https://t.co/hdQo4Od2jU
「テレ朝は女性記者から相談を受けた時点で自社で報じるべきだった」と言う声がある
だが、テレ朝含めどのテレビ局も安倍政権を恐れ詩織さん事件もみ消し疑惑を追及しない
そんな会社の上層部に話せば音源を取り上げられ記者も潰される
上司は記者を守るため上に上げず記者は新潮に行った
正しい判断だ
Total(1) => 0.066431045532227 f_f_QM(3) => 0.037894010543823 f_f_pTL(3) => 0.018270969390869 f_f_dT(30) => 0.017551422119141